アーカイブ | RSS |

紹介事例

  

TOP : 法人なりの接骨院からの税理士紹介のご依頼

当サイトには、確定申告直後にメールでご相談をいただきました。

次年度以降は法人化を念頭に置くので税理士に任せたいとのことでした。

このケースは業界が明白ですが詳しい内容が電話で聞けませんでしたので、私が一度ヒアリングにお伺いして詳細をお聞きしました。

詳細がつかめたところで税理士の方をお連れして面談をいたしました、性格の相性だと思うのですが一人目では決まらず、2人目の税理士の方で顧問契約に至りました。


TOP : システム開発会社の子会社の人材派遣会社からの税理士紹介のご依頼

当サイトには、子会社の設立直後にメールでご相談をいただきました。

当時親会社の経理部門が子会社の経理も兼ねていましたので親会社の担当者とお話をいただきました。子会社はIPOを念頭に入れているとのことでIPOに詳しい方をご希望していらっしゃいました。

このケースも専門性がはっきりしておりますので、私がヒアリングにお伺いするステップは飛ばして、税理士の方との面談をセッティングいたしました。

面談は1回で見積のやり取りは何度か続きましたがこのケースも1人目で決定いたしました。

事後に近年のIPOに置ける労務管理実務の重要性から社会保険労務士の紹介もご依頼されて、社会保険労務士の方もご紹介させていただきました。

税理士の方からの紹介も考えられましたが、会社側の意向で当社経由で2名の方と面談して、顧問契約に至りました。


TOP : 海外の企業の子会社からの税理士紹介のご依頼

このケースは電話でのご相談をいただきました。

海外の企業の子会社で毎月親会社に資料を提出するので、親会社からの質問にメールで答えていただける税理士を探しているとのご依頼でした。

これは現状の税理士からの乗り換えになります。

必要な税理士の専門性などを電話で確認できましたので、私がヒアリングにお伺いするステップは飛ばして、いきなり該当の税理士の方との面談をセッティングいたしました。

事前に専門性を理解してのご提案でしたのでこのケースも1回の面談で顧問契約に至りました。


TOP : アパレル関係の新設法人からの税理士紹介のご依頼

当サイトにご依頼いただいたのは登記が完了して、2ヶ月後で税理士の必要性は漠然と感じていらっしゃったようです。ホームページで当サイトをご覧になっていただきメールにてご連絡をいただきました。

新設法人ということもあり、必要とする税理士の専門性が電話では確認できませんでしたので最初は私がお伺いし、ヒアリングさせていただきました。

ご希望に沿って同一区内の先生をご紹介いたしました。

1人目の先生で顧問契約に至りました。


« 1 (2)

はじめての法人税申告書作成

初めての法人税申告書作成をしなければならない経営者の方に読んでいただきたい1冊

「企業人のあるべき姿勝ち組み企業はここが違う!」 プレゼント!

税理士(会計事務所)との付き合い方がこの 1 冊で分かります。

紹介範囲

営業範囲は東京都近郊 ( 東京 横浜 神奈川 埼玉 千葉 ) と大阪府 大阪 大阪市 京都府 京都 京都市 愛知県 名古屋 名古屋市 が中心になりますが全国からご相談ください。

Copyright © 2005-2014 専門家マッチング会計 / 社労士事務所 . All Rights Reserved.